co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

インフォメーション

2017年05月25日お知らせ

2016年度サンゴ基金を贈呈しました

2017年4月14日(金)、会員生協(富山県生協、コープいしかわ、福井県民生協)及びコープ北陸の組合員理事と役職員、恩納村漁協、恩納村役場、株式会社井ゲタ竹内の方々の参加のもと、2016年度分のサンゴ基金の目録を贈呈しました。

2017sangokikin_1
サンゴ基金対象商品を1パックご利用につき1~2円を基金として積立し、2016年度分のサンゴ基金は3生協合計で245,998円となりました。基金は水温上昇の影響で白化死滅し、減少している沖縄の海にサンゴの植え付け費用等に充当しています。

近年の地球温暖化影響を受け、海水温も上昇しており生態系に影響を及ぼしています。コープ北陸事業連合では、2015年度から恩納村漁協、味付もずくメーカーの井ゲタ竹内と協力し、Hcoop_mark 味付もずくの利用代金の一部をサンゴ基金に充て、恩納村漁協が取り組むサンゴ礁再生事業を応援しています。

また、恩納村漁協では、これまで植え付けして育った海底サンゴの様子やもずくのパック工場の視察、サンゴ苗の植え付け作業を体験し、現地の状況を把握したり、学習や生産者との交流をはかりました。

グラスボートから海底の養殖もずくを視察
加工センターにてもずく選別作業の視察

サンゴ植え付け活動の学習
サンゴ植え付け作業の体験

関連リンク