co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

インフォメーション

2018年10月29日農産ブログ

青森県「津軽産直組合」様を訪問しました

商品部のSです。

10月26日に青森県「津軽産直組合」様を訪問いたしました。今回は、11月1回企画よりスタートする「ふじりんご」の目揃え会に参加しました。生協担当者と生産者で、りんごを出荷する際の基準をお互いに確認します。

今年は、梅雨明けが例年より早く、その後は猛暑続きで、当初は小玉のりんごが多いと予想していましたが、9月から10月にかけ降水量が多くなり、果実の肥大が進んだことで、逆に大玉のりんごが多くみられます。また、長野県の産地同様、度重なる台風の影響で、リンゴの落果も多少あり、落果しなかったりんごも、台風による強風で枝にスレたり、リンゴ同士が当たったりし、表面にキズのあるものが多くみられます。

生産者と協議した結果、「理由あり企画」の基準を少し見直すこととなり、少しキズの深いものも「理由あり」で出荷いただくこととしました。さらに1月以降で理由ありりんごの企画を増やし産地支援をいたしますので、ぜひご利用いただきますようお願いいたします。

園地での確認風景
目揃え会風景

今年はこの程度のキズのりんごが理由あり企画に入ります。
キズ果
目揃え会終了後は、いつものように集合写真を撮りました。
集合写真