co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

遺伝子組換え食品について

遺伝子組換え食品取り扱いについての基本的考え方

  • 1.組合員の知る権利、選択権を保障する観点から、取り扱い商品の遺伝子組換え農産物使用に関する情報提供を行います。
  • 2.できるだけ遺伝子組換え原料を使用しない商品の取り扱いをすすめますが、遺伝子組換え原料をすべて排除する対応は現実的ではないため行いません。

商品取り扱い上の留意点

  • 1.HCOOP商品(コープ北陸プライベートブランド商品)及び一般市販品含めてコープ北陸取り扱い商品については、遺伝子組換え食品を不使用とする基準にはしませんが、これまでの遺伝子組換え食品に対する組合員活動等のとりくみ経過やプライベートブランド商品としてのこだわりなどを踏まえ、HCOOP商品では遺伝子組換え食品を原則として使用しないこととします。使用する場合は、他に代替えがない場合に限ります。
  • 2.但し、しょうゆ、大豆油、なたね油、綿実油、コーン油、コーンフレーク、水あめ、異性化糖などは、原料調達の問題及び製造過程でのタンパク質分解・除去により対象外とします。

遺伝子組換え食品の表示について

  • ①容器包装への表示対象
    *表示適用対象は、HCOOP商品とします。
  • 1.JAS法で定められた表示対象品目の遺伝子組換え農作物とそれらを原材料にした加工食品とします。
  • 2.組換えられたDNAまたはこれにより生じたタンパク質が、加工工程で除去・分解され、食品中に存在しないもので、コープ北陸が指定した品目・原料(コープ北陸指定表示対象品目)
  • 3.遺伝子組換え農産物が存在する作物以外での表示はおこないません。
  • ②容器包装への義務表示・任意表示の範囲
  • 1.JAS表示対象品目で原材料に占める重量割合が上位3位までで且つ5%以上の主原料については、「遺伝子組換え不分別(義務表示)」「遺伝子組換えではない(任意表示)」に関わらず全て表示をおこないます。
  • 2.JAS表示対象品目で主原料以外(配合重量比4位以下または5%未満)についても、必要に応じ、「遺伝子組換え不分別」「遺伝子組換えでない」を任意で表示します。
  • 3.コープ北陸指定表示対象品目については、一括表示欄に表記される主原料(配合順位3位且つ5%以上)に限定し、任意で上記同様の表示をおこないます。
  • 4.任意表示については、コープ商品(CO・OP商品、HCOOP商品)での表示をすすめ、NB商品については、取引先に任意表示の協力をもとめます。
  • 5.遺伝子組換え原料由来の添加物などの区分表示はおこないません。
  • 6.任意表示の範囲や方法については、検証の可能性や新しい遺伝子組換え品目などの変化に合わせて見直すこととします。
  • ③コープファミリーへの表示
    *表示適用対象は、コープ北陸取り扱い商品とします。
  • 1.法的には表示が義務づけられていませんが、組合員への情報提供を目的に実施しています。
  • 2.表示対象は、JAS法表示対象品目の生鮮野菜「大豆(枝豆、大豆もやし含)、じゃがいも、とうもろこし、菜種、綿実、てんさい、アルファルファ、パパイヤ」及び加工食品(前述の生鮮野菜を主原料とした食品)
  • 3.表示方法は、「GMO不使用」「GMO主原料不使用」「GMO主原料不分別」「GMO主原料混在」の4区分です。
    *わかりやすい表示方法やマークは、実態に合わせて運用します。

マーク表示例

これまで、油や醤油などJAS法表示義務のない商品や商品名から遺伝子組換え原材料使用有無を類推する商品にマーク表示していましたが、わかりづらいため、表示対象商品は、JAS法による表示対象品目に整理しました。

*主原料・・・製品構成原料の内、配合上位3位且つ5%以上の原料をいう(JAS法規定)
*既存商品のマーク表示の変更は順次おこなってまいります。

商品 対象 理由
主原料GMO不分別 鶏肉の竜田揚げなど 衣に含まれるコーンスターチ(でんぷん使用商品) 主原料のコーンが不分別でJAS法表示対象
主原料GMO混在 豆腐ハンバーグなど ①豆腐(大豆)、②馬鈴薯でんぷん(つなぎに使用) 主原料の①大豆が不使用②馬鈴薯が不分別JAS法表示対象品目
主原料GMO不使用 油揚げなど 大豆 主原料の大豆が、遺伝子組換えでないJAS法表示対象品目
GMO不使用 生鮮野菜、スイートコーン缶、大豆ドライパック・・・など素材缶等 対象品目そのもの 遺伝子組換えでないJAS法表示対象品目