co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

牛肉のトレーサビリティ

牛肉トレーサビリティとは?

牛は産まれた時点で一頭ずつ個体識別番号(生涯唯一の番号)が付けられます。
この個体識別番号は肥育、と畜から流通、販売に至るまで一貫して継承され、消費者の手に渡る最終商品ではパック等に番号が表示されます。
消費者はこの番号から生産履歴を知ることができます。

コープ北陸のトレーサビリティについて

コープ北陸では牛肉のラベルにロット番号(お問い合わせ番号)または10桁の個体識別番号を表示しています。

  • 1.ロット番号が表示されている場合は、ラベルに表示されている「お問い合わせ先」「ホームページ」から10桁の個体識別番号を調べ、下の「牛の個体識別情報検索サービス」ボタンをクリックして検索して下さい。
  • 2.10桁の個体識別番号が表示されている場合は、そのまま下の「牛の個体識別情報検索サービス」ボタンをクリックして検索して下さい。
  • ※番号が表示されない商品がございます。
  • ※国産牛肉であっても、以下の商品は表示対象外となりますのでご了承下さい。
    タレ漬け肉や成型肉、国産牛肉以外のお肉(豚肉・鶏肉など)とのセット商品、原料肉に端材肉が含まれるために使用した牛を特定することが困難な商品(ミンチ・肉じゃが用・カレー用・切落し肉・すじ肉・内臓肉など)
  • ※国のモデル事業などで、個体識別番号が9桁となっている牛が存在します。その場合は、9桁の前に0(ゼロ)を付け、10桁の番号にして検索して下さい。
牛の個体識別情報検索サービス