co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

安全確認業務

お届け商品の安全・安心を守るのは、商品企画から製造、組合員への配達の段階で商品をチェックする安全確認業務です。その中でも特に重要な役割を果たすのは、産地・原料管理、商品仕様書管理、工場点検、商品検査、組合員お申し出対応の5業務です。

1.産地・原料管理

取り扱い商品の産地や原料偽装、商品トラブルを未然に防ぐため、さまざまな情報や予兆を把握することにより、お届け商品の安全・安心を確保しています。また、取引先への啓発活動なども行なっています。

産地・原料管理とは

2.商品仕様書管理

商品仕様書とは、どこで、どのような原材料でどのように作られているかが記載されている、いわば商品のカルテのようなものです。この商品仕様書をもとに法律やコープ北陸の商品取扱い基準に適合しているかを点検しています。

商品仕様書管理とは

3.商品検査

食品に関する問題を未然に防ぐために、微生物検査や理化学検査などを行い、食中毒の他、残留農薬や産地・原料偽装、食品添加物など、商品の安全性や食品衛生法、コープ北陸の自主基準を逸脱していないか確認しています。

商品検査とは

4.工場点検

商品を製造している工場内の衛生状況や記録類の整備状況、仕様書どおりの製造を行っているかなどを生協の基準で厳しく点検しています。また、問題があった場合は工場とともに改善する姿勢で臨みます。

工場点検とは

5.組合員お申し出対応

組合員さんから寄せられる商品に関するご意見を「お申し出」と呼んでいます。お申し出があった場合、速やかに調査を行い、その結果をわかりやすくお知らせします。

組合員お申し出対応とは

今月の安全確認業務報告

今月の安全確認業務の結果をご報告します(毎月更新)