co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

SDGsへの取り組み

コープ北陸事業連合は、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向けた取り組みをすすめます。

SDGsとは

2015年9月の国連サミットにおいて「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が採択されました。発展途上国・先進国に関わらず、世界中の全ての人々が達成すべき目標として、2030年までに持続可能な社会を実現するため17の目標(ゴール)と細分化した169の具体的な目標(ターゲット)を掲げ、「地球上の誰一人として取り残さない」社会の実現をめざしています。
 

SDGsとコープ北陸の取り組み

コープ北陸事業連合は、「2030年ビジョン」として「協同の力で笑顔あふれる未来をつくる」を掲げ、SDGs実現に向けた取り組みをすすめます。取り組みの詳細はサステナビリティレポートをご覧ください。
 

 


  

 

エシカル(倫理的)消費の推進

エシカル消費とは「環境」「社会」「人々」「地域」に配慮してモノやサービスを買うことで、SDGsの17の目標を実現するための重要な手段の1つです。生協では「誰かの笑顔につながるお買い物」と表現して、積極的に応援しています。
 


 
商品案内カタログ「コープファミリー」などに掲載の商品(主に食品)の中で、次の取り組みにつながるものには共通のエシカルマークを表示しています。
 
 
 

 
 


 
 
商品案内カタログ「くらしのパートナー」などに掲載の商品(主に日用品)の中で、次の取り組みにつながるものには共通のエシカルマークを表示しています。
 
 
 

 
 


 

私たち生協はエシカル消費を 地域環境社会人々 の4つの視点で進めています。

 
 

環境への配慮~地球環境を守る~

 

 
 

社会への配慮~公正な社会の仕組みづくり~

 

 
 

人々への配慮~人々の「生きる」を支える~

 

 
 

地域への配慮~豊かな地域を作り出す~