co-opコープ北陸事業連合

文字サイズ

インフォメーション

2019年11月05日農産ブログ

青森県「津軽産直組合」を訪問しました

商品部のSです。
10月25日(金)に青森県のりんごの産地、「津軽産直組合」を訪問しました。今回は、ふじりんごの出荷検討会(目揃え会)が目的でした。

まず、青森県では今年、台風15号にはじまり17号18号そして19号と、連続して強風の被害に見舞われました。りんごの果実の落果も多少ありましたが、強風にさらされたりんごが枝に押しつけられたことで、深いキズになった実がたくさん出てしまいました。(画像をクリックすると大きく表示されます)

被害状況

園地での説明

出荷検討会では、キズの深いりんごの扱いについて、生産者と生協の担当者の間で協議し、理由あり品でもさらにキズの深い特別企画を行い、生産者支援をすることで確認しました。

コープファミリーの企画では、1月2回から2月頃まで「台風被害支援理由ありふじりんご(ジュース用)」を企画します。

目揃え会風景

「台風被害支援理由ありふじりんご(ジュース用)」の画像です。かなりキズの深い物もありますが、ナイフでカットしてジュース用にお使いいただければと思います。もちろん、生食でもお召し上がりいただけます。

被害果

又、通常正規品におきましても、りんごの実に傷が付いているものが多くなっていることから、今年は、小さな枝ずれは2か所まで正規品として出荷いただくことを双方で確認しました。

小さな傷2か所のりんご

長野県同様、青森県においても台風による影響が出ています。生協組合員の皆様には、青森県産のりんごを利用いただき産地への支援をお願いいたします。